開発された匿名で検査するキットとジスロマックで治療

性行為がきっかけとなって発病する病気として、性感染症があります。
自分が性感染症にかかっているのか気になるときには、病院に行って検査を受けて調べることができますが、匿名で調べたい人もいると思います。
近年では、匿名で性病にかかっているか調べることができる、STDチェッカーが開発されていますので、エイズやクラミジアなどを自宅で検査できます。
STDチェッカーを使用して検査をした結果、クラミジアに感染しているときには治療薬であるジスロマックを服用することがおすすめです。

性病科や婦人科、泌尿器科を受診することでジスロマックの処方を受けることができます。
クラミジアを発病する原因としては、クラミジア・トラコマティスという病原菌に感染することと言えます。
クラミジア・トラコマティスは性行為をすることで、男性の尿道や女性の膣、子宮などに感染して寄生します。
クラミジアに感染した場合であっても自覚症状が現れないこともありますが、放置することで尿道炎や不妊症の原因となるために、早期に治療するべき病気と言えます。
近年では、コンドームを使用することなく性行為を行うことや、オーラルセックスをすることで感染者が増えていると考えられています。

ジスロマックはクラミジアの感染治療薬として有効性が高く、1回服用するだけで9割方のクラミジアを治療できます。
ジスロマックは処方箋薬ですので、薬局やドラッグストアで購入できる医薬品ではないために、病院に行って医者に処方してもらう必要があります。
性病に感染していることを知られたくない女性の場合には、インターネット通販サイトを使って注文して購入することもできます。
ネット上で購入すれば誰とも顔を合わせることなく、自宅まで届けてくれるので便利です。